下眼瞼脱脂で失敗する理由は?懸念を取り除…|眉下切開(眉下リフト)、エクソソームなら、イートップクリニック

下眼瞼脱脂で失敗する理由は?懸念を取り除き成功率を高める方法を解説

2022.09.20

下眼瞼脱脂で失敗する原因の多くは医師の技量不足やデザインの誤りによるもので、修正対応によって改善できるケースもあれば、困難な場合もあります。下眼瞼脱脂は成功・失敗に関わらず、自身の顔の印象が変化します。たった一度の手術によって今後の人生の明暗が分かれる可能性があるため、クリニックの選択を間違えてはいけません。下眼瞼脱脂による失敗の事例や、対策についての理解を広げることで問題を未然に防ぎましょう。

下眼瞼脱脂で失敗する事例


下眼瞼脱脂における代表的な失敗例は、左右差がある、凹みが目立つ、クマ・シワが目立つ、変化がない、などが挙げられます。理想の目元を手に入れるどころか、失敗して後悔している人、修正手術を受ける人は数多く存在します。失敗してしまう原因がどこにあるのかを知り、リスクを最小限に抑えることが大切です。

下眼瞼脱脂が適していない

下眼瞼脱脂は、目元の膨らみ(眼窩脂肪)が原因でたるみやクマがある人に適した治療法です。しかし中には治療後、クマが目立つようになったり、シワが気になるようになったり、皮膚が余ってしまいたるみが目立つようになった人もいます。どの手術法でも、中には適さない人がいるため、今の目元の悩みが下眼瞼脱脂によって解消されるのかどうか、カウンセリングでしっかり相談しましょう。

眼窩脂肪を取りすぎた

仕上がりが自然な出来栄えになるかどうかは、手術を担当した医師の手腕やセンスによります。手術に慣れていない医師だと眼窩脂肪をバランスよく取り除くことができず、凹みが目立ったりアンバランスな見た目になってしまったりすることがあります。一度取り除いてしまった部分は元には戻らないため、修正するにはヒアルロン酸注入や脂肪注入が必要です。一度内部組織が崩れてしまうと修正が難しくなるため、クリニック選びを慎重に行いましょう。

アフターケアをおろそかにしていた

下眼瞼脱脂は切開を伴う治療法のため、術後は腫れや内出血などの症状が出ます。保冷剤などで患部を避けて目元を冷やすことで、症状が徐々に緩和されます。血流が良くなると症状が強く出るため、術後1週間は湯船での入浴や激しい運動、飲酒を避けてください。患部に雑菌が入ると炎症を起こし、治るまでに時間を要するため、メイクや洗顔にも気を使い清潔に保ちましょう。

同時に脂肪注入を行なった

より綺麗な仕上がりにするため同時に脂肪注入を勧めるクリニックがありますが、医師の技術力があれば下眼瞼脱脂のみで悩みは解消できます。また脂肪注入も全ての人が適応するわけではないため注意が必要です。二つの治療を同時に行うことでリスクも上がり、場合によっては合併症を引き起こしたり、ダウンタイムが長くなったりすることも懸念されます。

医師の知識・技術不足

下眼瞼脱脂に限らず、美容整形は医師の知識と技術によって成果が変わります。失敗や後悔の口コミの割合が多いクリニックは知識・技術ともに不足している可能性があるため、候補から外すことも検討する必要があるでしょう。実績や口コミから総合的に分析し、実際にクリニックを訪れたのちに判断することをおすすめします。

カウンセリングで医師とイメージが共有できなかった

患者と医師のイメージに違いがあると、患者にとって納得のいく結果には繋がりません。カウンセリングの際、希望する目元の形や施術のプロセス、術後の完成イメージのシミュレーションを丁寧に説明してくれる医師であれば、失敗の可能性は少ないでしょう。また下眼瞼脱脂における失敗を熟知している医師は、事前にメリット・デメリットを中立な立場で説明してくれます。患者の悩みに真摯に対応してくれるクリニックを見つけることが大切です。

下眼瞼脱脂で失敗した場合の修正手術の事例

下眼瞼脱脂で失敗するほとんどのケースは「眼窩脂肪の取りすぎ」「脂肪の除去量が少ない」の2つが原因です。

眼窩脂肪を取り過ぎたケース

眼窩脂肪を取りすぎてしまい凹みが目立つようになった場合は、脂肪注入やヒアルロン酸注入によって改善できます。眼窩脂肪による目元の膨らみが大きい人ほど、脂肪を取りすぎると凹みができる可能性が高まる特徴があります。また元々目元付近がくぼんでいる人も、手術後に凹みができてしまう可能性があるため注意しましょう。

手術後に変化がないケース

手術後に変化がほとんど感じられない場合は、脂肪の除去量が少なすぎることが考えられます。脂肪を残してしまうことでも問題が発生するため、医師にはちょうど良いバランスの手術が求められます。この失敗の場合は修正手術を行うことで解消されますが、追加料金が必要になるかどうかはクリニックによって異なるため、事前確認が必須です。とはいえ追加料金の有無に拘らず「技術の高い医師から施術を受ける」ことが最も重要なことには変わりありません。

下眼瞼脱脂で失敗しないために

下眼瞼脱脂による失敗にはいくつかの共通点があります。失敗しないためには「クリニック選び」「治療の方針」「ダウンタイム中のケア」の3項目に注意することが必要です。

実績がありアフターフォローの整っているクリニックを選ぶ

前提として、実績がありアフターフォロー体制の整っているクリニックを探すことが重要です。クリニックの選択を間違えなければ、失敗する可能性は大きく減少します。とはいえ、実績がありアフターフォロー体制の整っているクリニックを探すことはなかなか難しいものです。ようやく見つけたとしても、自宅からかなりの距離を要する場所であれば、問題が発生した際すぐにフォローを受けることはできません。一番重要な項目なので、しっかり下調べをして希望に沿うクリニックの候補いくつかピックアップしましょう。

必要がなければ余計な治療はしない

クリニックによっては下眼瞼脱脂と平行し、他の治療法を提案されることがあります。知識や経験のある医師からの提案であれば患者にとって適している可能性は高いですが、同時に失敗のリスクも高まることを忘れてはいけません。提案された場合は、なぜ下眼瞼脱脂の墓に治療が必要なのか、しっかりと話を聞いたのちに施術を受けるか判断してください。

ダウンタイム中のケア・メンテナンスを入念に行う

ダウンタイム中に肌のケア・メンテナンスをどの程度行なったかで、経過が変化します。手術後3日間は患部を冷やし、1週間は運動や飲酒など、血行を上昇させる行為は中止する必要があります。また洗顔や化粧の際も肌に過剰な刺激を与えず、しっかりと紫外線対策を行うことで肌トラブルを未然に防げるでしょう。

まとめ

下眼瞼脱脂で失敗したケースの多くは外見的に悪影響が出たことによるもので、多くは医師の技術不足が理由です。修正手術によって改善可能な例も多いですが、始めの手術から成功を手に入れたいものです。イートップクリニックは技術をもった医師による、下眼瞼脱脂の確かな施術実績があり、修正治療にも対応しています。また下眼瞼脱脂に限らず多くの治療法を取り入れており、お客様に最適な治療法を提案できます。目のたるみやクマに関してお困りであれば、ぜひ当院にご相談ください。

記事監修医師プロフィール

院長/医師

増田えりか

2013年 日本大学 医学部 卒業
2013年 東京臨海病院 内科、皮膚科、形成外科、救急科
2015年 昭和大学病院 形成外科
2016年 今給黎総合病院 形成外科
2017年 千葉こども病院 形成外科
2018年 湘南美容クリニック 秋葉原院
2020年 湘南美容クリニック 高田馬場院 院長
2021年 イートップクリニック 開設 院長就任