40代の目の下のたるみ取りで後悔しないた…|眉下切開(眉下リフト)、エクソソームなら、イートップクリニック

40代の目の下のたるみ取りで後悔しないために~よくある失敗と対処法

2022.09.08

「40代になってから目の下のたるみが目立つようになった」「目の下のたるみ取りで失敗することはないの?」と悩んでいる方もいるでしょう。40代を超えるとお肌のハリや弾力が低下していくため、目の下のたるみが目立ちやすくなっていきます。

目の下がたるんでくると一気に老けたような印象になり、実年齢より高く見られるケースも少なくありません。しかし、いつだってきれいなままでいたいと思っている女性も多いでしょう。

そこで今回は、40代でできる目の下のたるみの原因や治療を受けたことでありがちな失敗をまとめていきます。目の下のたるみ取りで後悔しないためにも、ポイントや注意点を把握しておくことが大切です。

40代目の下のたるみの原因


40代の目の下のたるみ取りで失敗しないためにも、自分に適した治療を受けなければいけません。自分に適した治療を受けるためには、目の下に適したたるみの原因を知ることが大切です。

生活習慣の乱れ

家事や育児などが忙しくて、生活習慣が乱れている方も少なくないでしょう。ストレスが溜まったり、睡眠不足だったりすると、体全体に血行不良が起きます。

血行不良で血流が悪くなると、目元まで美容成分が行き渡らなくなり、目元周辺の老化が進んでしまいます。

また、歳を重ねるとともにお肌の弾力やハリを作るコラーゲンやエラスチンなどの生成量も減り、目の下の皮膚が重力に負けてどんどんたるんでしまうのです。

加齢

上記でも簡単にお伝えしたように、加齢によってお肌の若々しさや弾力を作るコラーゲンの生成量が減ります。コラーゲンがなくなるとハリや弾力がなくなり、たるみの原因になってしまうのです。

目元への刺激

目元周辺の肌はとても薄くてデリケートです。紫外線や乾燥、摩擦などの刺激が加わると、皮膚に大きなダメージが加わってしまいます。

クレンジングでメイクを落とす時にゴシゴシ擦ったり、目を擦る癖があったりしませんか?自分ではなんとも思ってない行動でも、皮膚が薄い目元部分だからこそ刺激が大きくなります。

また、目の下は皮脂の分泌量が少ないです。皮脂の分泌量が少ないので、乾燥や摩擦などの刺激が加わると皮膚のハリが低下して、たるみの原因となってしまうのです。

目元の筋肉の衰え

下まぶたは皮膚や眼輪筋、眼窩細胞、眼窩脂肪、ロックウッド靭帯などから成り立っています。目の下にたるみができる原因としては、上記のような目元の筋肉の衰えも1つに挙げられます。

歳を重ねるごとに眼球を支える働きがあるロックウッド靭帯が少しずつ緩んでいきます。眼球が押し下がることで徐々に眼窩脂肪が圧迫され、前に飛び出てしまうのです。

その結果、前に飛び出た眼窩脂肪がたるみとして現れます。

40代目の下のたるみ取りでよくある失敗

目の下のたるみで悩んでいる方の中には、手術を受けて治療した方もいます。しかし、手術を受けたのにもかかわらず効果が期待できなかったり、失敗したりしてしまった方もいます。

くぼみや凹凸の悪化

脱脂治療でたるみを改善しようと考えている方もいます。脱脂治療では目の下にある眼下脂肪を取り除くことで、たるみを目立たなくさせられます。

しかし、闇雲に脂肪を取り除けばいいわけではありません。適切な量の脂肪を取り除かなければ、目の下に凹みができることがあります。

目の下に凹凸ができるとよりたるみが悪化して見えたり、クマが目立ったりする場合もあるのです。脱脂は繊細な技術が必要なので、信頼できるクリニックを見つけることが大切なポイントです。

しわやたるみが増える

脱脂治療を受けた後にシワやたるみが増える可能性があります。脱脂治療では眼窩脂肪を取り除いてクマやたるみを改善していくのですが、目の下の皮膚が余るとシワやたるみが余計に悪化して見えてしまうのです。

シワやたるみが悪化する人の特徴としては、もともと皮膚や筋肉のたるみがあることが挙げられます。特に40代を超えると肌の老化が激しくなるため、皮膚や筋肉がたるみやすくなります。

脱脂では皮膚は切り取らないので、もともとたるんでいる皮膚がある場合は余計にたるみが目立って見えるようになるのです。

左右差が出る

生まれつき左右差がある場合や効き目を使いすぎている場合は、治療後に左右差が余計に目立つことがあります。左右差を考慮せず治療を行うことで左右差の印象がはっきり分かれてしまうのです。

治療後に左右差が出ないようにするためには、実績と経験が豊富なクリニックに依頼することがポイントです。実績が豊富なクリニックなら目の左右差やその人に合わせて治療を行ってくれるので、納得のいく仕上がりになりやすいでしょう。

40代目の下のたるみ取りで後悔しないためのクリニック選びのポイント

40代でたるみ取りをした方の中には、後悔している方もいます。後悔しないためには、クリニック選びがとても重要なポイントです。

複数の病院・クリニックを比較する

「有名なクリニックだから」「家の近くにあるから」と1つのクリニックに限定して考えないようにしましょう。自分に合ったクリニックを選ぶためには、複数のクリニックを比較して検討することが大切です。

いくら有名なクリニックでも相性が合わなければ、納得のいく仕上がりにならない可能性があります。家の近くにあるクリニックだと通いやすさはありますが、技術や経験が他のクリニックより劣っている可能性があります。

たるみ取りは安くできるわけではないので、実績の豊富さや料金の安さなどを比較した上で、自分に合ったクリニックを選ぶことが大切です。

カウンセリングが丁寧なところを選ぶ

カウンセリングが丁寧かどうかも重要なポイントです。丁寧にカウンセリングをしてくれるところなら、悩みを話しやすいです。一人一人の悩みに合わせて最適なメニューも提案してもらえるため、納得のいく仕上がりになりやすいでしょう。医師との相性や院内の雰囲気等を確認してみましょう。

実績の豊富さで選ぶ

目の下のたるみ取りは繊細な技術が必要です。特に目元は皮膚が薄いので、技術がなければ別の箇所を傷つけてしまうリスクがあります。

クリニックを選ぶ際は、実績や経験の豊富さを確認しておきましょう。クリニックの公式サイトにはこれまでの実績が掲載されていることが多いです。できれば、ビフォーアフターの写真も掲載しているところなら、より信頼度が高いでしょう。

技術不足だと効果は期待できませんし、治療が終わってもたるみがより目立ったり、左右差が出たりする可能性もあります。実績の豊富さはクリニックに在籍している医師の技術の高さの表れでもあるので、しっかり確認しておきましょう。

アフターケアが充実しているところを選ぶ

アフターケアが充実しているかどうかも重要なポイントです。治療方法によっては腫れや痛みなどのダウンタイムが起きることがあります。治療後にダウンタイムの症状が現れると、失敗してしまったのではないかと不安になるでしょう。

しかし、アフターケアが充実しているクリニックならダウンタイムの症状が現れても丁寧に迅速に対応してくれます。

ちなみに、カウンセリング時に術後の過ごし方やダウンタイムのリスクを詳しく説明してくれるクリニックなら、治療後も寄り添ってくれる可能性が高いです。

公式ホームページに記載されているアフターケアの内容を確かめるだけではなく、カウンセリング時にどのようなアフターケアをしてくれるのか聞いてみるのも良いでしょう。

40代目の下のたるみ取りで後悔しないためにはクリニック選びがポイント

40代の目の下のたるみ取りで後悔しないためには、クリニック選びが重要なポイントです。目元はとてもデリケートな部分なので、繊細な技術が必要です。

また、その人に合った施術でなければ思ったような効果は現れないでしょう。たるみ取りで後悔している方も少なくないので、失敗しないためにも複数のクリニックを比較しながら自分に合ったところを見つけてみてください。

記事監修医師プロフィール

院長/医師

増田えりか

2013年 日本大学 医学部 卒業
2013年 東京臨海病院 内科、皮膚科、形成外科、救急科
2015年 昭和大学病院 形成外科
2016年 今給黎総合病院 形成外科
2017年 千葉こども病院 形成外科
2018年 湘南美容クリニック 秋葉原院
2020年 湘南美容クリニック 高田馬場院 院長
2021年 イートップクリニック 開設 院長就任