アートメイク(リップ)の症例写真

こだわりポイント

茶みと青みのくすみが混在している方。
色素をオーダーメイドでレイヤードし、乾燥が強かったので保湿しながらリップアートメイクを行いました。
乾燥が強い方は定着も悪くなる傾向にありますがしっかりケアしてくださってくすみの取れたピンクの唇になりました。
お写真は2回目直後のものなのでこれよりも薄くなって定着します。すっぴんでも粘膜ピンクのリップを目指したい方、リップアートメイクおすすめです!

年代・性別

              女性 40代

施術名

アートメイク(リップ)

施術詳細

アートメイクは、専用機器を用いて皮膚の浅い部分に薬剤を入れることで、色素を着色していく施術です。通常のメイクは、水や汗で落ちてしまいますが、アートメイクは落ちません。針を使って色素を描き入れているので、長期間メイクしている状態を持続させることが可能です。

副作用・リスク

腫れ・疼痛・痒み・むくみ・顔の雰囲気の変化・思ったよりも定着しない・仕上がりに左右差などを生じることがあります。

費用

¥124,000〜(税込)
           

ドクター紹介

DOCTOR

院長 増田えりか

経歴

2013年日本大学 医学部 卒業
2013年東京臨海病院 内科、皮膚科、形成外科、救急科
2015年昭和大学病院 形成外科
2016年今給黎総合病院 形成外科
2017年千葉こども病院 形成外科
2018年湘南美容クリニック 秋葉原院
2020年湘南美容クリニック 高田馬場院 院長
2021年イートップクリニック 開設 院長就任
院長/増田えりか