眉下切開は眼瞼下垂に効果がある?施術を受けるのがおすすめな人と手術の注意点

2022.08.23

眼瞼下垂が原因で、眉下切開を受けるか悩んでいる方は多いです。

確かにダウンタイムが短く、ナチュラルな変化が得られるため、手術を受ける人は多くいます。

しかし眼瞼下垂の治療で眉下切開の手術をする場合、いくつか知っておくべきことがあります。

この記事では眉下切開の手術方法や注意点などを解説しますので、眼瞼下垂に悩む方は参考にしてみてください。

眉下切開とは


眉下切開とは、眉毛の下の皮膚を切除する手術のことです。上まぶたのたるみを取り、スッキリとした印象にできます。

脂肪が多い方は、手術時に眼窩脂肪を取ることで上まぶたのむくみも改善できるでしょう。

傷が眉毛に隠れるため、目立ちにくくなることがポイントです。

眉下切開の手術方法

眉下切開は、眉毛の下ラインに沿って切開します。切除する際に眼輪筋や脂肪の処理が必要であれば、切開した段階で処置します。

眉毛の下のラインで縫合する手術のため、腫れなどが目立たないことが大きなメリットです。

眉下切開の手術が眼瞼下垂に効果があるって本当?

眉下切開は、眼瞼下垂の症状改善に効果があります。眉下切開は、切除する皮膚の範囲が調整できます。

大きくたるんで目を開くのが困難な方でも眉下切開であれば、十分症状を改善できるでしょう。

しかし治療には、高度なテクニックが必要になります。そのため受診するクリニックは慎重に選びましょう。

眼瞼下垂の治療で眉下切開を受けるのがおすすめな人

眼瞼下垂の治療で、眉下切開を受けるのがおすすめな方は以下に当てはまる人です。

  • まぶたのたるみが気になる
  • 皮膚が垂れ下がってきている
  • 傷跡が目立ちにくい手術を受けたい
  • ナチュラルな変化を求めている

眉下切開は、まぶたのたるみや垂れ下がりなどを改善できる手術です。そのため、まぶたのたるみや垂れ下がりで開けにくいと感じている方に向いているでしょう。

また眉下のラインで切開するため、傷跡が眉毛に隠れて目立ちにくい性質があります。周りに手術したことがバレにくく、不安な方でも受けやすい手術でしょう。

さらに眉下切開は皮膚を切除するのみのため、目の下に大きな変化を与えることなく、印象が変わります。

ナチュラルな変化で眼瞼下垂の症状を改善したい方に向いています。

眼瞼下垂の治療で眉下切開以外の施術を検討したほうがいい人

眼瞼下垂の治療で眉下切開以外の施術を検討したほうがいい人は、以下の2つのタイプに当てはまる方です。

  • 重度の眼瞼下垂の人
  • 目と眉毛の距離が近い人

目がほとんど開かないくらい重度な眼瞼下垂の方は、眉下切開で症状が改善できない可能性があります。

もしも治療が難しいと判断された場合は、眼瞼挙筋前転法を提案されます。

また目と眉毛の距離が近い方は、さらに距離が近くなってしまうため、おすすめしません。

医師と相談した上で、適切な治療を探していきましょう。

眉下切開手術の注意点

眉下切開手術には、7つの注意点があります。

  • 眉毛の形が変わる可能性がある
  • 左右非対称になる
  • 傷口が眉毛に隠れない可能性がある
  • 目と眉毛の距離が近くなる
  • ツリ目になってしまう
  • 二重幅が広くなる可能性がある
  • 鼻の付け根にシワが増える可能性がある

注意点を知らずに治療を受けてしまうと、仕上がりが思ったものと違うものになってしまうことがあります。

以下でどのような注意点があるのか見ていきましょう。

眉毛の形が変わる可能性がある

眉下切開では、眉毛の下のラインに沿って切開しますが、一部切除範囲に入ってしまった眉毛は無くなってしまいます。

なぜなら眉毛の下のラインに隠れるよう切除するためには、少し生えている部分も切除しなければいけないためです。

そのため、眉毛の形が変わってしまう可能性があります。

左右非対称になる

眉下切開の手術は、左右非対称になる可能性があります。全く同じように手術をしたとしても、どうしても僅かな差が出てしまうのです。

大きな左右差を生まないためには、手術中に目の開き方をチェックしながら手術をすすめる必要があります。

左右差を最小限にしたい場合は、医師に相談し術中に丁寧にチェックしてもらいながら手術を進めましょう。

傷口が眉毛に隠れない可能性がある

技術が低い医師が担当した場合、傷口が眉毛で隠れない位置で切開されてしまうことがあります。

丁寧なカウンセリングやデザインで解決できますが、技術が低い医師の場合、失敗してしまうことも。

丁寧なカウンセリングで技術力の高いクリニックで治療を受けましょう。

目と眉毛の距離が近くなる

眉下切開は、上まぶたの皮膚を一部切除して眉毛直下で縫合する手術です。そのため、目と眉毛の距離は近くなります。

目と眉毛の位置がもともと近い方や、距離を近くしたくない方は、別の手術を検討するのがおすすめです。

ツリ目になってしまう

眉下切開は、目尻側の皮膚を多く切除する手術です。切除した分、皮膚が上がってしまうため、ツリ目になってしまいます。

ツリ目が気になる場合は、埋没法で目頭部分の二重幅を広げたり、目頭切開で内側の二重幅を広げたりしましょう。

二重幅が広くなる可能性がある

眉下切開は、たるんでいる皮膚をなくすことで、二重幅が広く見えるようになります。そのため現在の二重幅を広げたくない方にとっては、大きなデメリットとなります。

気になる場合は医師に相談し、どれくらい広くなるか把握しておきましょう。

鼻の付け根にシワが増える可能性がある

眉下切開は、まぶただけではなくおでこのシワも改善できると言われている手術です。

しかしその分今まで目立っていなかった鼻の付け根の部分に横シワが出てきてしまうことがあります。

微細なシワのため気になる方は少ないと言われています。どうしても気になる方は、クリニックに改善するための相談をしてみてください。

眉下切開手術の流れ

眉下切開は、以下の流れでスケジュールが組まれます。どのような手順なのかそれぞれ確認してみましょう。

  • 医師のカウンセリングを受ける
  • 手術日を予約をする
  • 局所麻酔をして手術をする
  • 1週間後に抜糸をする
  • 傷のチェックをして問題なければ終了

まずは医師の診察を受けて、治療が適切かどうか判断します。このときにどのくらい皮膚を切除していくかも決定します。

手術を受けることが決定したら、手術日を予約してその日は終了です。

その後手術を受けに、来院します。手術は局所麻酔が使用され、およそ60分程度で手術が終了します。

1週間後には抜糸。その後また来院し傷のチェックをして終了です。

まとめ

眉下切開は、まぶたのたるんだ皮膚を切除しスッキリとした印象にする手術方法です。眼瞼下垂にも効果がある手術と言われています。

まぶたのたるみや垂れ下がり、ナチュラルな変化を求める方にはおすすめです。しかし、目が開かないほど眼瞼下垂が進行している方や目と眉の距離がもともと近い方には向いていません。

今回紹介した注意点や流れを参考にしながら、手術を受けるか検討してみてください。

イートップクリニックは、眉下切開を得意としているクリニックです。丁寧なカウンセリングで、個人に合った治療を提案してくれるため、気になる方は「LINE」からご相談ください。

記事監修医師プロフィール

院長/医師

増田えりか

2013年 日本大学 医学部 卒業
2013年 東京臨海病院 内科、皮膚科、形成外科、救急科
2015年 昭和大学病院 形成外科
2016年 今給黎総合病院 形成外科
2017年 千葉こども病院 形成外科
2018年 湘南美容クリニック 秋葉原院
2020年 湘南美容クリニック 高田馬場院 院長
2021年 イートップクリニック 開設 院長就任