クマ取りで起こりうる失敗例|失敗のリスクを避けるポイントも解説

2022.12.20

目の下にクマがあるだけで老けたような印象になったり、疲れているような印象になったりするので、改善したいと思っている方もいるでしょう。目の下のクマを取るだけで若々しさがでるので、以前とは全く違った印象を与えられます。

しかし、クマ取りにはもちろん魅力ポイントがたくさんあるのですが、失敗のリスクもあります。後悔しないためにも、どのような失敗のリスクがあるのか知っておくことが大切です。

失敗を避けるためのポイントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

クマ取りで起こりうる失敗のリスク


目元周辺の施術は繊細な技術が必要になるので、失敗のリスクがあります。どのような失敗のリスクがあるのか、見ていきましょう。

効果を感じられなかった

クマ取りの施術を行っても、効果を感じられなかったという方もいます。特に目の下の不要な脂肪を除去する脱脂では、適切な量を取り除かなければ効果を実感できない可能性があるのです。

脂肪を残しすぎるとクマが消えませんし、逆に脂肪を取りすぎるとたるみやシワが目立つ場合があります。これは医師の技術不足が原因です。

どれだけの脂肪を除去するかは医師の判断によります。効果を実感するためには実績と信頼のあるクリニックを選ぶことが大切です。

:目の下に凹凸ができた

人によっては目の下に凹凸ができた人もいます。脂肪を除去する際にムラができると、目の下が平らにならないので、凹凸があるように見えてしまうのです。

また、ヒアルロン酸注入の治療でも目の下に凹凸ができる可能性があります。どちらも医師の技術に左右されると言われています。

たるみが悪化した

もともと目の下にたるみやシワがある方は、クマ取りの施術を行うことでより悪化する可能性があります。脱脂では脂肪は除去するものの、皮膚はそのまま残すことになります。

しかし、もともと肌がたるんでいる場合は、脂肪を除去するとより下に下がってしまうため、たるみが悪化したように見えるのです。

左右差が出た

施術後に左右で差が出る場合があります。その体は左右で異なるので、右目の下と左目の下で除去するべき適切な脂肪の量は異なります。しかし、その判断を誤ると施術が終わった後に、左右で差が出る場合があるのです。

例えば右目はきれいにクマが取れたのに、左目はまだ少しクマが残っているなど。片方だけにクマが残っていると不自然さがますので、再度施術をやり直さなければいけない場合があります。

目の下にくぼみができた

目の下の脂肪を除去しすぎることで、目の下に凹みができる可能性があります。少しえぐれたような感覚になるので、目が強調されすぎて、違和感が出てしまうかもしれません。

クマ取りで失敗したら修正できるのか

「クマ取りで失敗したらどうしよう」と不安を感じている方もいるでしょう。しかし、安心してください。施術で失敗しても修正することができます。

修正するための際の施術は基本的にある程度の日数が立たなければ行えないので、そのポイントだけは注意してください。ただし、人によってはすぐに再施術した方が良い場合もあります。迷ったらすぐにクリニックで相談することが大切です。

また、同じ失敗を繰り返さないためにも実績と信頼のあるクリニックを選びましょう。

クマ取り治療で失敗しないためのポイント

クマ取りでの失敗のリスクはなるべく避けたいものです。最後に失敗のリスクを少しでも避けるためのポイントをまとめておきます。

信頼できるクリニックを選ぶ

信頼できるクリニックを選ぶことことがとても重要なポイントです。上記では失敗のリスクとして「左右差ができる」「目の下にくぼみができる」などをお伝えしました。

これらのリスクはほとんど医師の技術に左右されてしまいます。目元周辺の施術は繊細な技術が必要になるため、未熟な医師が担当すると失敗のリスクが高まる可能性があります。

施術を成功させるためにも、しっかりとクリニックや医師を見極めなければいけません。

クリニックを選ぶ際は3つのポイントを意識してみてください。

1つ目は実績があるかどうかです。美容クリニックは近年でも急増しており、リーズナブルに受けられるところから、気軽に通えるところもあります。

失敗のリスクを避けるためには、実績が豊富かどうかを確認してみてください。リーズナブルな金額で受けられるのはとても魅力的ですが、まずは実績を確認することが大切です。

公式サイトでは実績が掲載されていることが多いです。できればビフォーアフターの写真も掲載されていると比較しやすいので、医師の技術を見極めやすいでしょう。

2つ目は医師を指名できるかどうかです。失敗のリスクを避けるためには、クマ取り治療の経験と技術が豊富な医師にお願いすることがポイントです。

クリニック内によっても医師の技術には差があります。指名制度があるクリニックなら、技術の高い医師に担当してもらえます。

3つ目はカウンセリングが丁寧かどうかです。カウンセリングが雑だったり、医師によるヒアリングが行われなかったりすると、最適な治療を受けられない可能性があります。

カウンセリングを受けたからといって、必ず契約しなければいけないわけではありません。気軽にカウンセリングを受けて、自分の話を聞いてくれて、その上で適切な治療方法を提案してくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。

カウンセリングをしっかり受ける

失敗のリスクを避けるためには、カウンセリングをしっかり受けることが大切です。カウンセリングが丁寧なクリニックを選んだら、医師のヒアリングに沿って自分の症状を細かく伝えてください。

クマにも茶クマや青クマなどいろいろな種類があります。人によってクマができた原因も異なるので、治療の前に把握しなければいけません。

事前のカウンセリングをしっかり受けてから治療に移るようにしましょう。

クマをきれいに消すためにも信頼できる医師に相談してみよう

クマをきれいに消すためにも、信頼できる医師に相談することが大切です。イートップクリニックには経験豊富な女医が揃っています。

女性の医師なので、気軽に自分の悩みを相談できるでしょう。また、カウンセリングも丁寧なので、悩みやなりたい姿なども相談しやすいです。

まずは相談だけでもいいので、イートップクリニックに足を運んでみると良いでしょう。

記事監修医師プロフィール

院長/医師

増田えりか

2013年 日本大学 医学部 卒業
2013年 東京臨海病院 内科、皮膚科、形成外科、救急科
2015年 昭和大学病院 形成外科
2016年 今給黎総合病院 形成外科
2017年 千葉こども病院 形成外科
2018年 湘南美容クリニック 秋葉原院
2020年 湘南美容クリニック 高田馬場院 院長
2021年 イートップクリニック 開設 院長就任