Column

切らないクマ取りのメリット・デメリットを徹底解説

2024.05.13

目の下のクマは、種類によってセルフケアでの改善が難しい場合があります。例えば、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が原因で生じる黒クマや赤クマは、美容外科でクマ取り施術を受けなければ根本的に改善できません。

しかし、目の周りはデリケートなため、メスを入れるのはなるべく避けたいという方もいるでしょう。そうした方におすすめなのが、経結膜脱脂法などの切らないクマ取りです。本記事では、切らないクマ取りのメリット・デメリットや、向いている方の特徴を解説します。


column43-top

切らないクマ取りのメリット

切らないクマ取りとは、目の下を切開する範囲が数ミリ程度で済む美容整形のことで、経結膜脱脂法などの施術が該当します。他のクマ取り施術と比べると、切らないクマ取りには以下のようなメリットがあります。

  • 傷跡が見えにくい
  • ダウンタイムが短い
  • クマの原因を根本的に解消できる

切らないタレ目形成とは

切らないタレ目形成とはどのような施術なのでしょうか。
切る施術と比較した施術方法の違いやメリット、デメリットを解説します。
施術を検討する際は、ぜひ参考にしてください。

傷跡が見えにくい

切らないクマ取りは、下まぶたの裏にある粘膜(結膜)にメスを入れるため、表側から傷が見えません。術後に傷が残ってしまうかも、と不安に感じている方におすすめの施術です。

ダウンタイムが短い

また切らないクマ取りには、ダウンタイムが短いというメリットもあります。メスで切る範囲が数ミリ程度と非常に狭く、術後に縫合をする必要もないため、翌日からお風呂に入ることが可能です。

術後の副作用として、目の周りに軽い腫れが生じる場合があります。腫れは術後2~3日をピークとして、長くとも1週間から2週間ほどで落ち着くため、日常生活にほとんど支障はありません。個人差はあるものの、アイメイクは術後1週間後から行うことが可能です。

クマの原因を根本的に解消できる

切らないクマ取りなら、クマの原因を根本的に解消できます。クマの中でも黒クマや赤クマは、目の下にある余分な眼窩脂肪が原因です。

切らないクマ取りでは、数ミリ程度の小さな穴から眼窩脂肪を除去することで、クマの原因に直接アプローチできます。

切らないクマ取りのデメリット

一方、切らないクマ取りにはデメリットもあります。

  • シワができる場合がある
  • 左右差が生じる場合がある

患者様の症状によっては、切らないクマ取りが適さない場合があります。その場合はハムラ法やナノリッチファット(脂肪注入)などの施術も選べるため、カウンセリングの際に相談しましょう。

シワができる場合がある

目の下の皮膚にたるみがある方は、切らないクマ取りを行うとシワができてしまう可能性があります。

切らないクマ取りは、まぶたの裏の小さな穴から余分な眼窩脂肪を取り除く施術です。患者様の皮膚の状態によっては、眼窩脂肪を除去するとたるんだ皮膚が余り、くぼみや小ジワ、たるみが目立つ場合があります。

そうした方の場合は、皮膚のたるみ取りの効果もあるハムラ法や、目の下の形を整えるナノリッチファット(脂肪注入)などの選択肢がおすすめです。

左右差が生じる場合がある

左右の目の形が生まれつき違う方の場合、切らないクマ取りを受けることで、仕上がりが不自然になってしまう可能性があります。

目元の左右差は、施術前のカウンセリングをしっかりと行うことで予防可能です。不安なことがあれば、カウンセリングの段階で相談してください。

切らないクマ取りがおすすめの方

以下に当てはまる方は、切らないクマ取りがおすすめです。

  • 加齢に伴い、目の周りの筋肉が衰えてきた方
  • 目の下にふくらみ(眼窩脂肪)があり、影のようなクマができている方
  • 鏡で顔を見たとき、疲れているような印象を感じた方
  • コンシーラーでも目の下のクマを隠せなくなった方
  • 目元が原因の老け顔で悩んでいる方

切らないクマ取りは、目の下の眼窩脂肪が原因で生じる黒クマ・赤クマに効果的な施術方法です。目の下のふくらみが気になる方や、なるべく切開せずにクマ取り施術を受けたい方は、切らないクマ取りを検討しましょう。

【まとめ】目の下の黒クマや赤クマは「切らないクマ取り」で解決

column43-bottom
切らないクマ取りは、下まぶたの裏側に数ミリ程度の小さな穴を開け、眼窩脂肪を除去する施術方法です。クマの中でも、目の下の眼窩脂肪が原因で生じる黒クマや赤クマは、セルフケアではなかなか改善しません。切らないクマ取りなら、目の周りをほとんど切開せずに黒クマや赤クマを解消できます。

切らないクマ取りを受けたい方は、東京都港区の美容外科イートップクリニックにご相談ください。イートップクリニックでは、ほとんどメスを入れない経結膜脱脂法や、表側から傷が見えにくい裏ハムラ法など、複数の施術ラインナップをご用意しています。施術前の診察やカウンセリングをしっかりと行っているため、患者様お一人おひとりに合ったクマ取り施術を提案可能です。

記事監修医師プロフィール

院長/医師

増田えりか

2013年 日本大学 医学部 卒業
2013年 東京臨海病院 内科、皮膚科、形成外科、救急科
2015年 昭和大学病院 形成外科
2016年 今給黎総合病院 形成外科
2017年 千葉こども病院 形成外科
2018年 湘南美容クリニック 秋葉原院
2020年 湘南美容クリニック 高田馬場院 院長
2021年 イートップクリニック 開設 院長就任

院内写真1
院内写真2
院内写真3
院内写真4
院内写真5
院内写真6
院内写真7
院内写真1
院内写真2
院内写真3
院内写真4
院内写真5
院内写真6
院内写真7